移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

【卵不使用】のレーズンロールパンを発見!『超○ロールレーズン』

はじめに

こんにちは。

レーズンをこよなく愛するするめです。

 

「レーズンパンがどうしても食べたい!!」

誰にだってそんな日もありますよね!

だけど卵アレルギーがあると、コンビニやスーパーでパンが買えない…

となると、食べられるパンはフランスパンと一部の食パンのみ…

なんてことになってしまいます。

 

レーズンが入ったロールパンって、どうしても卵入っているんですよね〜。

ふわふわ、しっとり感を出すには、卵が必要なんですよ、わかります。

理屈ではわかってます。

わかってるけど、食べられない悲しさはあるんだよ…

 

それで、来る日も来る日もレーズンロールパンを見つけたら原材料表示を見ていたんですが、敗北ばかり。

「だめだ…!ヤツ(卵)の侵入が防げない…!」

 

それでも私は諦めませんでした…!

(ただパン売り場をうろうろしてただけですが笑)

 

そしてついに、発見しました!!

卵アレルギーでも食べられるレーズンロールを!!

それが、パスコの『超熟ロールレーズン』!!

 

f:id:surume1:20180412092814j:image

 

イトーヨーカドーで売ってました。

近場のスーパー笑

なんでもっと早く気づかなかったんだろ?笑

 

超熟ロールレーズンの原材料

f:id:surume1:20180411184401j:image

しわくちゃでごめんなさい。

1日カバンに入れて持ち歩いてたら、こんなになっちゃいました笑

 

原材料は

小麦粉、洋酒漬レーズン、砂糖、マーガリン、乳等を主要原料とする食品、でんぷん、パン酵母、加工油脂、小麦たんぱく、食塩、米粉、(一部に小麦・乳成分・大豆を含む)

です。

 

アトピーを治そうと決意し、アレルギーに気づいてから、食品パッケージの裏は必ず見るようになりました。

最近は既製品で食品添加物がずらりと並んでいるものは、見た瞬間めまいがして買う気がなくなります。

そして、そっと棚に戻します笑

 

超熟シリーズは保存料、イーストフードを使っていないので、原材料が他の食パンに比べたらかなりシンプルです。

現在、私の中でパンは嗜好品ですが、実家は朝食にパンを食べる習慣があるので、母には超熟を勧めています。

(炭水化物取るなら、家族に一番勧めたいのは米なんですけどね〜)

 

そのちょっと下のアレルギゲンの欄にも、卵が書いていません!

体調不良になる心配なく食べられるのはとってもありがたいです♪

 

超熟ロールレーズンってどんな味?

 

超熟ロールレーズンを真ん中から縦に割ってみると、レーズンがぽつりぽつりと入っている普通のロールパンです。

 

f:id:surume1:20180418185743j:image

↑割ってからトーストしたら焦げちゃった

 

自分で作った方が、レーズンたくさん入れられるんだけど、毎回食べたい時にパンを焼いていられるほど、時間に余裕のある人はなかなかいないと思います。

だから、アレルギーでも簡単に買って食べられるものがあると嬉しい!

 

味はどちらかと言うと食パンに似ているいます。

砂糖のガツンとくる甘さじゃなくって、レーズンの甘さ、小麦の甘さがふんわりくる感じです。

そのままでもイケますが、トーストするとカリッ、フワ〜となって、さらにおいしかったです。

(2個目は焦げずに焼けました)

 

まとめ

卵不使用のレーズンロールパンみつかってよかったです。

超熟作ってくれた人、ありがとう!

これでレーズンパン食べたい発作に襲われても乗り越えられそう!笑

 

卵アレルギーだけど、ロールパン食べたい方や、アレルギー持ちのお子さんに食べさせてあげたいパパさんママさんは、ぜひ試してみてください〜

 

余談ですが、近場のスーパーにあったのにもかかわらず、ずっと気づけなかったのって、

多分値段を先に見てしまうクセがあるからなんですよね〜。

安い順に見て、自分が許せない価格以上のものは見ない笑

でもパンの価格って違ってもせいぜい10〜100円単位じゃないですか。

今まで小さな金額にとらわれて、不自由してたなと反省したするめなのでした。